繊細な部位の施術|豊胸手術でふくよかなバストに|自信が持てるならやるべき
ウーマン

豊胸手術でふくよかなバストに|自信が持てるならやるべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

繊細な部位の施術

ドクター

性器の形を整える

自身の性器の形がおかしいのではと危惧している方は意外と多いです。ただ場所が場所なだけに、誰にも言えずに密かに悩む傾向にあります。下着にこすれる、痛みがある場合は、小陰唇が大きすぎる可能性が高いです。小陰唇が大きいと、汚れが溜まって臭い、かゆみに繋がります。悩みを解消するには、東京の美容外科の小陰唇縮小手術が効果的です。小陰唇縮小手術では、小陰唇を高周波メスで切開していきます。それで、女性器を理想の形に整えることができるのです。繊細な部位にメスを入れるので、恐怖、恥ずかしさなど色々な感情が伴います。東京の美容外科では、患者が安心して施術を受けられるように静脈麻酔を投与します。寝ている間に施術が行われるので、安心です。

術後にやるべきこと

性器をきれいに整えるために、小陰唇縮小施術は非常に有効です。実際に東京の美容外科で施術を受けた方によると、全く痛くないと評判です。ただし東京の美容外科での施術後は、患部を清潔に保つことが大事です。というのも、小陰唇の根元部分は垢が溜まりやすく、感染を起こす可能性があるからです。施術をしてから12時間後には、シャワーで体を洗う事ができます。なので、ひだの根元の部分を石鹸で軽く洗うようにすると良いです。さらに、術後は患部から血がにじんでくる可能性があります。繊細な部位にメスを入れるので、縫合しても出血するリスクがあるのでス。したがって、下着が汚れないように、ナプキンを患部に装着することをお勧めします。